the holy Eid-ul-Fitr in Natore Eid Gah. Photo: The Daily Star

8月22日は祝祭 “イード・アル=アドハー(Eid-ul-Azha)”の日

Posted on Leave a commentPosted in BLOG

8月は日本でもお盆を迎えて大型連休となりますが、今年はヒジュラ暦の第10月であるシャウワールが8月に当たり、バングラデシュでも”イード・アル=アドハー(Eid-ul-Azha)”という”イード・アル=フィトル(Eid-ul-Fitr)”(ラマダンという断食期間明けの祝祭。今年は6月にありました。)に続く、2番目に大きい年中祝日行事である大祭を迎えて大型連休となります。 “イード・アル=アドハー(Eid-ul-Azha)”の祝祭では、神の預言者エイブラハムが息子であるイスマーイールを自ら進んでアッラーへの生贄として捧げたことを世界的に記念して、人々は動物をアッラーの神に生贄として捧げる習慣があります。今年は8月22日がその日にあたりますが、世界最高レベルの人口密度を誇る首都ダッカに集まっている人々も、この時ばかりはと故郷に帰っていきます。今年の9月にイスラム教の暦では新しい年を迎えることになりますので、いうなればバングラデシュのお正月休みというところでしょうか。 公式な祝日期間は今年の8月21日から8月23日ですが、データソフトのバングラデシュ本社では8月19日から8月23日までお休みとさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。